北洲ハウジング

公開日:2022/08/16 最終更新日:2023/01/13
北洲ハウジングの画像

北洲ハウジング
仙台支店:〒981-3341 宮城県富谷市成田9丁目2-2
TEL:022-348-3451
営業時間:8:45~17:45
定休日:火・水曜日

北洲ハウジングは“グッドエイジング”をテーマに、健康・快適性に力を入れた家づくりを行っています。その特徴を一言でいえば“スタンダードな高品質”というべきもので断熱性、気密性、耐震性など、どれをとっても高い性能を持っています。そのため高性能な家づくりにこだわりたい方にはおすすめの業者です。

商品ごとの坪単価を紹介

住宅の価格を比べる一つの方法として挙げられるのが、「坪単価」です。坪単価は土地や住宅の素材から決まります。坪単価は商品ごとに異なるので、住宅選びにおいてチェックしなければならない項目の一つです。こちらでは、北洲ハウジングの坪単価を商品ごとにまとめました。北洲ハウジングで住宅選びに迷っている方は必見です!

ブランド名坪単価の目安
ベーゼルドルフプレミアム 80万円~100万円
マッケンジープレミアム80万円~100万円
ミルフォードプレミアム80万円~100万円
ワイアールプレミアム80万円~100万円
アルザス70万円~80万円
ウェールズ70万円~80万円
あたたかいひらや70万円~80万円
ノア50万円~60万円
USUKO(ウスコ)58万円~68万円

この表から見ると、北洲ハウジングの価格相場は70~80万円であることが分かりました。この価格は大手住宅メーカーと比べるとリーズナブルになっています。特に、新しいブランドのUSUKO(ウスコ)は58万円~と低価格なのが特徴です。

しかし、価格はオプションを追加することで大きく変動します。低価格で住宅を建てたい場合は、オプションやブランドを慎重に選んでください。つづいて、北洲ハウジングの特徴や魅力について紹介していきます。

時間が経っても環境にやさしくきれいな家

冒頭でも紹介しましたが、北洲ハウジングの特徴は健康・快適性に力を入れていることです。北洲ハウジングの家は、室内は上下温度差3℃以内に抑える、冬の寝室は18℃前後に調節する、居室ごとの温度差は5℃以下に抑えるといったように、さまざまな独自基準を設けています。

ちなみに室内の温度差を3℃以内に抑える理由は、3℃を超えるとさまざまな健康被害に陥るリスクがあるためで、国際規格によっても推奨されています。とくに高齢者の方には高血圧やヒートショックなどのリスクが高まるので、健康面から考えると見逃せないポイントです。

また、冬の寝室を18℃前後に調節する理由は安眠できる温度が18℃前後だといわれているためで、このように北洲ハウジングは住み心地だけではなく、健康面に配慮した家づくりを行ってくれることが大きな特徴です。

また北洲ハウジングは、1977年の設立時から人と環境に優しい“エコ住宅”に取り組んでおり、省エネ性能に求められるさまざまなハイスペック住宅を手掛けてきたことも特筆すべき点。

たとえば、1989年には当時最先端といわれた“R-2000往宅”を一早く手掛けたり、優れた耐震性や断熱性を発揮するツーバイフォー(2×4)工法を先んじて取り入れたり、ほかにも家庭用蓄電の導入など、業界的にはコストの高さから敬遠される高い商品に対してもエコの観点から積極的に採用するなど、省エネ性能を上げるためなら労力を惜しみなく投入しています。

その姿勢は業界からも高い評価を受けていて、ツーバイフォー工法ではパイオニアとも呼ばれ、これまでに省エネルギー賞の建設大臣賞の受賞や、ジャパン・レジリエンス・アワード最優秀レジリエンス賞を受賞するなど、数々の実績も残しています。

このように北洲ハウジングが手掛ける家は非常に高性能なことが特徴ですが、高性能にこだわる背景には北洲ハウジングの創業者が岩手出身ということが大きな理由となっています。つまり、「寒さが厳しい地域だからこそ、快適な家をつくろう」という信念が快適さを追求する原動力となっているのです。

世界最高の品質と技術

北洲ハウジングの住宅性能は強度、耐震性、断熱性、気密性も含め、どれをとっても非常に高く、とくに断熱性能と気密性能は業界最高水準のレベルに達しています。

たとえば断熱性能でいえば、環境先進国ドイツの断熱材を用いることで一般的な省エネ住宅の倍以上の断熱性能(Ua値0.31)を発揮し、高断熱住宅を示す基準であるHEAT20でも上から2番目のG2に相当します。さらに気密性(C値)も0.49cm2/mと業界最高水準の数値を示しており、この値がどれぐらい優れているのかといえば、家中すべての隙間を埋めてもハガキ半分ほどの隙間しか空かない水準の高さです。

また、断熱性を高めることで暖房エネルギーの消費量を省エネ基準の住宅と比較して年間4分の1に抑えるなど経済的なメリットも多いほか、長期優良住宅にも標準対応しているので住宅ローンの減税、不動産所得税の減税など節税対策にもつながります。

一方、工法に着目すると北洲ハウジングは阪神淡路大震災にも耐え抜いた実績のあるツーバイフォー(2×4)工法をさらに発展させたツーバイシックス(2×6)工法を採用しており、壁の厚みはツーバイフォーの約1.5倍、そして2.4倍の強度を実現しています。さらに、東日本大震災の経験から揺れを95%吸収するだけでなく、90年以上経っても性能がほとんど変わらないゴムを耐震装置に応用するなど、独自技術も開発しているようです。

このように北洲ハウジングは工法レベルも高く、全棟耐震等級3にも対応しているため、巨大地震に対しても安心です。ほかにも、24時間熱交換が可能な換気システム、日差しを90%抑えて光熱費削減が期待できる木製窓サッシ、素材にはヨーロッパ全土の市場から厳選した自然素材を使用するなど、さまざまな工夫が凝らされています。

トータルコーディネートからメンテナンスまでサポート

北洲ハウジングの家づくりでは、営業・建築士・インテリアコーディネーターの三者がトータルでサポートしてくれます。中でも特徴的なのはそれぞれの専門家がオーナーに対して暮らしのインタビューを行うことで、たとえば1日のタイムスケジュールや生活環境、休みの日の過ごし方や家づくりで叶えたいことなど、さまざまな質問を投げかけることから間取りや設計を考えていくのです。

このように、設計前に専門家とじっくり話し合える環境を作っていることも北洲ハウジングの特徴であり、細部まで細かくヒアリングを行うからこそ、自分の理想とする家のイメージも鮮明になりやすくなります。

また、保証に関してもサポートセンターや最長30年の保証制度が付いており、不具合の際にはすぐに駆けつけてくれるほか、保証期間内には合計9回の無料点検を実施してくれます。

また、31年目以降も5年ごとに有償点検を行い、合計60年目まで家を守ってくれるのです。このほか、ホームページやYouTubeにてメンテンナンス方法を積極的に発信しているため、ご自身で家のメンテナンス方法について学べます。

北洲ハウジングの性能について

北洲ハウジングの住宅にはさまざまな機能が備わっています。ほかのメーカーと比べて豊富な機能性になっていることが、仙台で注目を集めている理由なのでしょう。こちらでは、そんな北洲ハウジングの快適な住宅性能について紹介していきます。

①断熱性能

住宅の外壁には、ドイツ産の不燃断熱材alsecco(アルセコ)を使用することで、断熱だけでなく防火性も備わっています。また、最も外気が入りやすい場所になる窓部分にも対策を施しています。窓枠には樹脂のサッシを採用し、ガラス部はトリプルガラスと特殊な金属膜でさらなる断熱性が実現しました。

②蓄熱性能

北洲ハウジングはメーカーと共同開発した蓄熱材を採用しています。この蓄熱材は外気に応じて熱の吸収と放出を行うので、季節問わずに室温を保つことができるのです。

③遮熱性能

日本は冬の寒さだけでなく、夏の日差しにも対策しなければなりません。その点、北洲ハウジングの住宅は遮熱性能を持っており、日射熱の9割をカットできます。北洲ハウジングの住宅であれば、夏の厳しい暑さの日本でも遮熱性能による快適な暮らしが実現できるでしょう。

④換気性能

換気性能は住宅において欠かせません。特に、現在はコロナウイルスがはやっているので、ウイルスや有害物質を効率よく取り除けるシステムが重要です。北洲ハウジングの住宅には、全館空調システム「エアロテック」と「深紫外線LED」が備わっています。これにより清浄な空気を取り込むだけでなく、有害物質を除菌できるようになりました。

⑤気密性

北洲ハウジングでは住宅の気密性にも力を入れています。住宅の隙間はすべて合わせてもハガキの半分ほどしかありません。このような換気システムと気密性により、快適さに暮らせる環境が整っています。

⑥調湿性能

過ごしやすい住宅をつくるには、温度だけでなく湿度も重要です。湿度は40~60%が快適とされていますが、これらから外れると健康に影響を及ぼす可能性があります。北洲ハウジングは調湿建材を取り入れることで、常に快適な湿度を提供できるようになりました。

⑦安全性

北洲ハウジングの住宅は耐震・耐火・耐風など、あらゆる災害に強くなっています。特に耐震性は、消防署や病院と同レベルの耐震等級3になっています。このような省エネ性能や耐久性から、北洲ハウジングの住宅は長期優良住宅に指定されています。

まとめ

北洲ハウジングは健康と快適性にこだわっていることが主な特徴です。その信念は業界最高水準の気密性と断熱性を発揮するなど、家づくりにも大きく反映されています。

また北洲ハウジングは、寒さの厳しい東北地方のハウスメーカーということもあり、断熱性能や冬季に発生しやすい結露対策など北国ならではの対策も得意としています。そのため住み心地はもちろん、暖かい家を建てたい方であれば、北洲ハウジングは非常におすすめできる業者です。

北洲ハウジングの口コミ・評判を集めました

さくらねこ

まだ新しい実積の少ないブランドですが、担当の方に、とても親身になって対応していただいていると感じましたので、お願いすることに同意しました。
先日、無事に、引き渡しを完了しました。コロナで、大変な時期でしたが、最後まで、スタッフの皆様には、親身に対応していただきました。
これからの快適な生活が、私もとても楽しみです。

引用元:https://www.google.com/

こちらの方は北洲ハウジングで無事マイホームが完成したようです。北洲ハウジングでは親身な対応を心掛けているので、安心して任せられるのがポイントです。

おすすめ関連記事

【仙台】住まいの相談窓口
おすすめ7選!

その他の仙台の相談窓口をご紹介!

その他の住まいの相談窓口一覧

おすすめの注文住宅メーカーをご紹介!

注文住宅メーカー一覧

  • 北洲ハウジング
    仙台支店 〒981-3341 宮城県富谷市成田9丁目2-2
    TEL 022-348-3451
    営業時間 8:45~17:45
    詳細はこちら
  • 桧家住宅
    エコノハ展示場 宮城県仙台市宮城野区中野3-7-2
    TEL 022-355-9783
    定休日 火・水曜日
    詳細はこちら
  • 東北ミサワホーム
    本社 宮城県仙台市青葉区一番町1丁目3番1号TMビル8F
    TEL 022-706-0330/0120-727-330
    詳細はこちら
  • 土屋ホーム仙台支店
    住所 宮城県仙台市若林区卸町2丁目1-4 卸町イーストンビル3F
    TEL 022-788-2411
    詳細はこちら
  • 積水ハウス仙台支店
    住所 〒980-0811 仙台市青葉区一番町4丁目6-1 (第一生命タワービル5F)
    TEL 0120-671-115
    営業時間 9:00~18:00
    詳細はこちら
仙台のおすすめを徹底比較!

住まいの相談窓口 一覧比較表

イメージ
サービス名おうちの相談窓口仙台スーモカウンター建てる窓口アウカ家づくりのとびらおうちの買い方相談室仙台すまい相談窓口
特徴ライフプランニングや住宅ローンの相談も可能安心して建築できるように2つの保証を用意ネット公開前の土地情報も紹介オンラインですべて完結オンライン相談サービスとプラン作成サービスを提供ファイナンシャルプランナーが対応有料で専門家に相談も可能
詳細リンク詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら詳しくはこちら